施策の内容

復興支援住宅エコポイント制度とは、東日本大震災で被害を受けた住宅に対して、半壊、または全壊した家の新築・リフォームの費用を支援するものである。以前は温暖化対策として導入された経緯がある。

ポイントの利用方法

この制度を利用し、ポイントを得た場合、商品との交換期限があるので気をつけて利用してほしい。復興支援住宅エコポイントの商品との交換期限は平成27年の1月末となっている。商品はカタログから選ぶことができるようになっている。

地球温暖化対策

温暖化は全世界で深刻な問題となっており、一つの島国が消滅することにもなっている。復興支援住宅エコポイントは、温暖化対策も兼ねており、さらなる災害をなくしていくことにも繫がる。

復興地の支援

被災地では復興が進められているが、まだまだ元通りの機能を取り戻すには時間がかかる。国会では予算に復興支援住宅エコポイントが導入されることも検討されており、さらなる被災地の復興を日本全体で目指す試みが必要である。

沢山のカタログ

災害から立ち上がる

日本は地震大国である。
特に環太平洋プレートの中に日本は含まれているため、南米やアメリカ西海岸と同じく、活発なプレート活動が懸念される国でもある。
このため、長年地震研究がなされているが、地震を予知し、対策することはなかなか難しい。
地震予知は難しくとも、地震に強い家にする、街づくりをする、などの取り組みがなされている。
日本はそういった取り組みが、他の地震が少ない地域よりも厳重である。
しかし、そうした地域全体の取り組みをもってしても、自然の強大な力は人間の予測を超えてくる。
東日本大震災においては、対策が充分に行われていたが、訓練が足りなかった地域もあれば、対策が充分だったにも関わらず津波で堤防が破壊された地域もある。

自然災害においては、できるだけ被害を抑えるという対策をとるしかない。
このために、日本の住宅は耐震性が重視した作りになっており、特に東日本大震災以降耐震基準が強化され、その基準で多くの住宅が建設されている。
阪神大震災でも、耐震基準が最新の住宅は破壊されることが少なかったが、最新でなかった住宅は白蟻の被害などがひどく、予想以上に壊れてしまったといわれている。
家が壊れてしまうと、その周辺にいる住民の避難が遅くなることもあるので、充分に対策する必要がある。
このため、復興のための支援住宅エコポイントでは、耐震基準を満たしている住宅にエコポイントを付与する形式になっている。
今回の東日本大震災は被害が甚大で、まだまだ復興には程遠い。
充分に復興するためには、日本全体で復興に取り組んでいく必要がある。